業績

 

発表論文・著書

Scorpus ID: 7202611344
ORCID ID: 0000-0001-6587-2166
Researchmap
Google Scholar
Publons
研究者総覧 - 大阪大学

Hiroyuki Iida, Ayaka Yoshida, and Shinobu Takada*
ATML1 activity is restricted to the outermost cells of the embryo through post-transcriptional repressions.
Development 146: dev169300 (2019). [Abstract] [大阪大学のプレスリリース]  [理学研究科の研究トピックス]  Times Cited: 0.
*Author for correspondence.

Shinobu Takada* and Hiroyuki Iida
Specification of epidermal cell fate in plant shoots. (mini review article)
Frontiers in Plant Science 5: 49. (2014). [Free Full Text] Times Cited: 9.
*Author for correspondence.

Shinobu Takada*
Post-embryonic induction of ATML1-SRDX alters the morphology of seedlings.
PLoS ONE 8 (10): e79312 (2013). [Free Full Text] Times Cited: 6.
*Author for correspondence.

Shinobu Takada*, Nozomi Takada, and Ayaka Yoshida
Induction of epidermal cell fate in Arabidopsis shoots. (addendum)
Plant Signaling & Behavior 8: e26236 (2013). [Free Full Text] Times Cited: 2.
*Author for correspondence.

Shinobu Takada*, Nozomi Takada, and Ayaka Yoshida
ATML1 promotes epidermal cell differentiation in Arabidopsis shoots.
Development 140, 1919-1923 (2013). [Free Full Text] [大阪大学のプレスリリース]  [紹介記事]
Times Cited: 30.
*Author for correspondence.

Nobutaka Mitsuda, Miho Ikeda, Shinobu Takada, Yuko Takiguchi, Youichi Kondou, Takeshi Yoshizumi, Miki Fujita, Kazuo Shinozaki, Minami Matsui, and Masaru Ohme-Takagi
Efficient Yeast One-/Two-Hybrid Screening Using a Library Composed Only of Transcription Factors in Arabidopsis thaliana.
Plant Cell Physiol. 51, 2145-2151 (2010). [Free Full Text] Times Cited: 31.

Steffen Lau, Jasmin S. Ehrismann, Alexandra Schlereth, Shinobu Takada, Ulrike Mayer, and Gerd Jürgens
Cell–cell communication in Arabidopsis early embryogenesis.
European Journal of Cell Biology 89, 225-230 (2010). [Abstract] Times Cited: 7.

Tatsuhiko Kondo, Ryoko Kajita, Aya Miyazaki, Mayumi Hokoyama, Touko Nakamura-Miura, Satoko Mizuno, Yuichi Masuda, Kazuhiro Irie, Yuki Tanaka, Shinobu Takada, Tatsuo Kakimoto, and Youji Sakagami
Stomatal Density is Controlled by a Mesophyll-Derived Signaling Molecule.
Plant Cell Physiol. 51, 1-8 (2010). [Free Full Text] Times Cited: 92.

Matthew R Tucker, Annika Hinze, Elise J Tucker, Shinobu Takada, Gerd Jürgens, and Thomas Laux.
Vascular signalling mediated by ZWILLE potentiates WUSCHEL function during shoot meristem stem cell development in the Arabidopsis embryo.
Development 135, 2839-43 (2008). [Free Full Text] Times Cited: 64.

Shinobu Takada and Gerd Jürgens.
Transcriptional regulation of epidermal cell fate in the Arabidopsis embryo.
Development 134, 1141-50 (2007). [Free Full Text] Times Cited: 73.

Ken-ichiro Hibara, Md. Rezaul Karim, Shinobu Takada, Ken-ichiro Taoka, Masahiko Furutani, Mitsuhiro Aida, and Masao Tasaka.
Arabidopsis CUP-SHAPED COTYLEDON3 regulates postembryonic shoot meristem and organ boundary formation.
Plant Cell 18, 2946-57 (2006). [Free Full Text] Times Cited: 133.

Shinobu Takada and Koji Goto.
TERMINAL FLOWER 2, an Arabidopsis homolog of HETEROCHROMATIN PROTEIN1, counteracts activation of FLOWERING LOCUS T by CONSTANS in the vascular tissues of leaves to regulate flowering time.
Plant Cell 15, 2856-2865 (2003). [Free Full Text] Times Cited: 266.

Ken-ichiro Hibara, Shinobu Takada, and Masao Tasaka.
CUC1 gene activates the expression of SAM-related genes to induce adventitious shoot formation.
Plant J. 36, 687-696 (2003). [Free Full Text] Times Cited: 95.

Toshihisa Kotake*, Shinobu Takada*, Kenji Nakahigashi, Masaaki Ohto, and Koji Goto.
Arabidopsis TERMINAL FLOWER 2 gene encodes a Heterochromatin Protein 1 homolog and represses both FLOWERING LOCUS T to regulate flowering time and several floral homeotic genes.
Plant Cell Physiol. 44, 555-564 (2003). [Free Full Text] Times Cited: 139.
*These authors contributed equally to this work.

Shinobu Takada and Masao Tasaka.
Embryonic shoot apical meristem formation in higher plants (minireview).
J. Plant Res. 115, 411-417 (2002). [Free Full Text] Times Cited: 20.

Shinobu Takada, Ken-ichiro Hibara, Tetsuya Ishida, and Masao Tasaka.
The CUP-SHAPED COTYLEDON1 gene of Arabidopsis regulates shoot apical meristem formation.
Development 128, 1127-1135 (2001). [Free Full Text] Times Cited: 329.

Tetsuya Ishida, Mitsuhiro Aida, Shinobu Takada, and Masao Tasaka.
Involvement of CUP-SHAPED COTYLEDON genes in gynoecium and ovule development in Arabidopsis thaliana.
Plant Cell Physiol. 41, 60-67 (2000). [Free Full Text] Times Cited: 77.

高田忍、加藤壮英、田坂昌生
シロイヌナズナのマップベースクローニング法、秀潤社植物細胞工学シリーズ
14巻「植物 のゲノム研究プロトコール」95-103頁 2001年2月

 

受賞

2015年7月14日 第4回 大阪大学総長奨励賞(研究部門) [Link]
2012年3月17日 第19回 PCP論文賞(第10著者) [Link]
2005年3月25日 第12回 日本植物生理学会論文賞 [Link]

報道

「植物マスター遺伝子を解明、葉の内部に表皮の組織を作成 阪大が成功」産経新聞社 2013年4月10日
「阪大、植物の別細胞から表皮細胞を作成することに成功」WEBジャーナル OPTRONICS 2013年4月22日
「大阪大学、植物が体の表面にだけ表皮を作るし くみを解明」日経バイオテクON LINE 2019年4月22日
「植物が体の表面にだけ表皮を作るしくみを解明 大阪大学」大学ジャーナルオンライン 2019年4月29日

 

学会発表等

○飯田 浩行、吉田 彩香、Gerd Jürgens、高田 忍
表皮分化のマスター遺伝子AMTL1の活性を最外層に限定する制御機構.PL021
第60回日本植物生理学会年会(名古屋大学 東山キャンパス)2019年3月15日

飯田 浩行、吉田 彩香、高田 希、伊藤 みはる、Gerd Jürgens、○高田 忍
一層の表皮が作られるしくみ:マスター転写因子ATML1の上流・下流因子の解明.1aJ11
第60回日本植物生理学会年会(名古屋大学 東山キャンパス)2019年3月13日

○Hiroyuki Iida, Ayaka Yoshida, Shinobu Takada
ATML1 activity is restricted to the outermost cells to enable a single epidermal layer formation. P203
29th International Conference on Arabidopsis Research (LOGMO, Turku, Finland). 26-27 June 2018

○飯田 浩行、吉田 彩香、Gerd Jürgens、高田 忍
ATML1の活性制御による一層の表皮形成.2aF04
第59回日本植物生理学会年会(札幌コンベンションセンター)2018年3月29日

飯田 浩行、吉田 彩香、高田 希、○高田 忍
一層の表皮が作られるしくみ:マスター転写因子ATML1の上流・下流因子の解明.P-057
第59回日本植物生理学会年会(札幌コンベンションセンター)2018年3月28日

高田 忍、吉田 彩香、飯田 浩行、高田 希
受容体型キナーゼACR4はATML1下流で胚の生長や表皮分化を正に制御している.1aG02
日本植物学会第81回大会(東京理科大学 野田キャンパス)2017年9月8日

○飯田 浩行、吉田 彩香、Gerd Jürgens、高田 忍
表皮分化のマスター遺伝子ATML1の活性制御について.1aG01
日本植物学会第81回大会(東京理科大学 野田キャンパス)2017年9月8日

○飯田 浩行、吉田 彩香、Gerd Jürgens、高田 忍
表皮分化のマスター転写因子の活性を最外層に限定するしくみ.1aG05
第58回日本植物生理学会年会(鹿児島大学 郡元キャンパス)2017年3月16日

飯田 浩行、高田希、吉田 彩香、Gerd Jürgens、○高田 忍
表皮分化のマスター遺伝子ATML1の最外層特異的な活性を決める多階層制御.PF-025
第58回日本植物生理学会年会(鹿児島大学 郡元キャンパス)2017年3月16日

高田 忍、高田 希、吉田 彩香、飯田 浩行
表皮分化のマスター転写因子ATML1の活性を制御する分子機構の解析.1aA09
第57回日本植物生理学会年会(岩手大学 上田キャンパス)2016年3月18日

○飯田 浩行、吉田 彩香、高田 希、高田 忍
表皮分化のマスター転写因子ATML1の活性を決める多階層制御.PL-179
第57回日本植物生理学会年会(岩手大学 上田キャンパス)2016年3月20日

○飯田 浩行、吉田 彩香、高田 忍
表皮分化を制御するATML1遺伝子の転写および転写後制御.3pH04
日本植物学会第79回大会(朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター)2015年9月8日

○飯田 浩行、吉田 彩香、高田 忍
Transcriptional and post-transcriptional regulation of a master transcription factor for epidermal cell identity. P-03
International ERATO Higashiyama Live Holonics Symposium 2015(名古屋大学野依記念学術交流館)
2015年8月27日

高田 希、吉田 彩香、○高田 忍
ACR4 functions downstream of ATML1 to promote embryonic development. 2pA01
第56回日本植物生理学会年会(東京農業大学世田谷キャンパス)2015年3月17日

○飯田 浩行、吉田 彩香、高田 忍
Transcriptional and post-transcriptional regulation of ATML1, a key regulator for epidermal cell identity. 2pA02
第56回日本植物生理学会年会(東京農業大学世田谷キャンパス)2015年3月17日

○高田 希、吉田 彩香、高田 忍
ATML1 activates expression of ACR4 during the initiation of epidermal cell fate. 2P17
第56回日本植物生理学会年会(東京農業大学世田谷キャンパス)2015年3月18日

○飯田 浩行、吉田 彩香、高田 忍
表皮分化のマスター遺伝子であるATML1の位置依存的な発現および転写活性の制御について. P-181
日本植物学会 第78回大会(明治大学生田キャンパス)2014年9月13日

○Nozomi Takada, Ayaka Yoshida, and Shinobu Takada
ATML1 activates the expression of ACR4 during initiation of epidermal cell fate. 1pA03
第55回日本植物生理学会年会(富山大学五福キャンパス)2014年3月18日

○Hiroyuki Iida, Nozomi Takada, Ayaka Yoshida, and Shinobu Takada
(飯田くんがポスターの作製と発表をしました。プログラム上は「○Shinobu Takada, Ayaka Yoshida, Hiroyuki Iida, and Nozomi Takada」)
Transcriptional regulation of epidermal cell fate in Arabidopsis thaliana shoots. PL054
第55回日本植物生理学会年会(富山大学五福キャンパス)2014年3月20日

Shinobu Takada, Nozomi Takada, and Ayaka Yoshida
ATML1 promotes epidermal cell differentiation in Arabidopsis shoots. POS-WED-344
24th International Conference on Arabidopsis Research (Sydney Convention and Exhibition Centre, Sydney, Australia). 26th June 2013

○Nozomi Takada, Ayaka Yoshida, and Shinobu Takada
ARABIDOPSIS CRINKLY 4 is a downstream target of ATML1-mediated transcriptional regulation. POS-TUE-345
24th International Conference on Arabidopsis Research (Sydney Convention and Exhibition Centre, Sydney, Australia). 25th June 2013

高田忍、高田 希、吉田彩香
ATML1 promotes epidermal cell differentiation in the post-embryonic development」 1pC05
第54回日本植物生理学会年会(岡山大学)2013年3月21日

○吉田彩香、Gerd Jürgens、高田忍
「Regulation of epidermis-specific expression of ATML1」 1pC06
第54回日本植物生理学会年会(岡山大学)2013年3月21日

高田忍、吉田彩香、高田 希
シロイヌナズナのATML1遺伝子は表皮分化を正に制御する 3W1II-6(3P-0744)
第35回日本分子生物学会年会(福岡国際会議場・マリンメッセ福岡)2012年12月13日

○吉田彩香、Gerd Jürgens、高田忍
ATML1の表皮特異的な発現におけるautoregulationの役割 3P-0743(3ST7-065)
第35回日本分子生物学会年会(福岡国際会議場・マリンメッセ福岡)2012年12月13日

Shinobu Takada, Nozomi Takada, and Ayaka Yoshida
ATML1 regulates epidermal cell differentiation in Arabidopsis shoots. #581
23rd International Conference on Arabidopsis Research (Hofburg Imperial Palace, Vienna, Austria).
4th July 2012

高田忍、吉田彩香
ATML1 regulates epidermal cell differentiation in Arabidopsis shoots」1pC08
第53回日本植物生理学会年会(京都産業大学)2012年3月16日

高田忍、吉田彩香
「Transcriptional regulation of epidermis-specific gene expression」1T6pII-3(1P-0144)
第34回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)2011年12月13日

高田忍、吉田彩香
「シロイヌナズナのATML1遺伝子は表皮特異的な遺伝子の発現を正に制御する」1pA14
第75回大会日本植物学会(東大駒場キャンパス)2011年9月17日

○吉田彩香、Gerd Jürgens、高田忍
ATML1の表皮特異的な発現を決める遺伝子の探索」P-130
第75回大会日本植物学会(東大駒場キャンパス)2011年9月19日

高田忍、吉田彩香
「シロイヌナズナのATML1遺伝子は表皮特異的な遺伝子の発現を正に制御する」3pC03
第52回日本植物生理学会年会(東北大学)2011年3月22日(東日本大震災の影響で中止)

○吉田彩香、Gerd Jürgens、高田忍
ATML1の表皮特異的な発現を決める遺伝子の探索」PF056
第52回日本植物生理学会年会(東北大学)2011年3月20日(東日本大震災の影響で中止)

Shinobu Takada, Tatsuo Kakimoto, Gerd Jürgens.
Transcriptional regulation of epidermis-specific gene expression. #19053 (Late Submission)
21st International Conference on Arabidopsis Research (Pacifico Yokohama, Japan). 7th June 2010

高田忍、近藤陽一、吉積毅、松井南、柿本辰男、Gerd Jürgens.
「植物の表皮特異的な遺伝子発現を決める位置情報伝達経路の解析」P1B016
第51回日本植物生理学会年会(熊本大学)2010年3月19日

高田忍、Gerd Jürgens.
「植物の初期胚における表皮特異的遺伝子の転写制御」1aA08
第48回日本植物生理学会年会(愛媛大学・松山大学)2007年3月28日

Shinobu Takada and Koji Goto.
TERMINAL FLOWER2, an HP1-like protein of Arabidopsis, counteracts transcriptional activation of a flowering gene, FLOWERING LOCUS T in vascular tissues of leaves. #301
14th International Conference on Arabidopsis Research(University of Wisconsin, Madison, USA). 22nd June 2003

高田忍、後藤弘爾
「Arabidopsis TERMINAL FLOWER 2 (TFL2) negatively regulates FT expression」3aB11
第44回日本植物生理学会年会(近畿大学)2003年3月29日

Shinobu Takada, Toshihisa Kotake, and Koji Goto.
Arabidopsis flowering gene TERMINAL FLOWER 2 (TFL2) encodes an HP1-like protein and negatively regulates FT expression. #11-22
13th International Conference on Arabidopsis Research (Sevilla, Spain). 1st July 2002

高田忍、小竹敬久、後藤弘爾
「TERMINAL FLOWER 2 (TFL2) encodes an HP1-like protein and negatively regulates FT expression」2pF05
第43回日本植物生理学会年会(岡山大学)2002年3月29日

高田忍、小竹敬久、大藤雅章、戒能智宏、黒田希、岩淵雅樹、後藤弘爾
「シロイヌナズナのTERMINAL FLOWER 2 (TFL2) 遺伝子はpolycombタンパク質をコードし、花成促進遺伝子FTの発現を負に制御している」
第24回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)2001年12月9日

Shinobu Takada, Ken-ichiro Hibara, and Masao Tasaka.
The CUP-SHAPED COTYLEDON1 gene of Arabidopsis regulates shoot apical meristem formation. #495
12th International Conference on Arabidopsis Research (University of Wisconsin, Madison, USA).
24th June 2001

高田忍、檜原健一郎、田坂昌生
「茎頂分裂組織形成や器官分離を制御するシロイヌナズナのCUC1遺伝子はNACドメインをコードしている」S114
第42回日本植物生理学会年会(九州産業大学)2001年3月26日

高田忍、檜原健一郎、田坂昌生
「シロイヌナズナの器官分離と茎頂分裂組織形成を制御するCUC1遺伝子はNACドメインをコードしている」1PB-049
第23回日本分子生物学会年会(神戸国際展示場)2000年12月13日

高田忍、檜原健一郎、石田哲也、 田坂昌生
「シロイヌナズナのNAC boxを持つ新しい遺伝子AtNAC1は茎頂分裂組織の形成や器官の分離に関与している」
第41回日本植物生理学会年会(椙山女学園大)2000年3月27日

高田忍、檜原健一郎、石田哲也、田坂昌生
「シロイヌナズナのNAC boxを持つ新しい遺伝子AtNAC1の解析」2P-1180
第22回日本分子生物学会年会(福岡ドーム)1999年12月9-10日

Shinobu Takada, Tetsuya Ishida, and Masao Tasaka.
Molecular genetic studies of AtNAC1, a novel NAC box gene of Arabidopsis thaliana. #12-14
10th International Conference on Arabidopsis Research (Melbourne University, Australia). 6th July 1999

高田忍、石田哲也、田坂昌生
「シロイヌナズナのNAC boxを持つ新しい遺伝子AtNAC1の解析」
第40回日本植物生理学会年会(東北大学)1999年3月28日

高田忍、田坂昌生
「シロイヌナズナのNAC boxを持つ新しい遺伝子AtNAC1の解析」
シロイヌナズナワークショップ(かずさアカデミアセンター)1998年11月19日

高田忍、石田哲也、相田光宏、藤澤久雄、田坂昌生
「シロイヌナズナのNAC boxを持つ新しい遺伝子AtNAC1の構造と発現」
第39回日本植物生理学会年会(北海道大学高等教育機能開発総合センター)1998年5月5日

高田忍、石田哲也、相田光宏、藤澤久雄、田坂昌生
「シロイヌナズナの器官分離に関与するCUC1遺伝子およびNAC boxを持つ遺伝子の解析」
第20回日本分子生物学会年会(国立京都国際会館)1997年12月18日

高田忍
「シロイヌナズナの子葉形成に関わる遺伝子群の分子遺伝学的解析」
重点領域研究「植物器官プラン」第4回若手ワークショップ(浜松)1997年10月21日

 

Informal presentation

高田忍
化学反応の進みやすさと速度 ご飯から力を取り出すしくみ 2016年10月4日

高田忍
植物細胞の運命をコントロールする 基礎研究から育種・食料問題の解決へ 2014年1月15日

高田忍
シロイヌナズナのATML1遺伝子は表皮分化を正に制御する
大阪大学理学研究科 第227回生物科学セミナー E210 2013年6月6日

高田忍
シロイヌナズナのATML1遺伝子は表皮分化を正に制御する
大阪大学理学研究科 第224回生物科学セミナー A427 2013年4月23日

Shinobu Takada
ATML1 regulates epidermal cell differentiation in Arabidopsis shoots.
ZMBP, Universität Tübingen (Germany). 9th July 2012

高田忍
「情報活用基礎」
理学教育カリキュラム反省会 D501 2012年4月6日

高田忍
理学部の学生に情報活用基礎は必要か?
第27回 情報教育研究会 大阪大学サイバーメディアセンター豊中教育研究棟7階会議室 2011年8月9日

高田忍
植物胚のパターン形成
大阪大学理学研究科 第123回生物科学セミナー D407 2008年7月25日

高田忍
シロイヌナズナ初期胚における二つのホメオボックス遺伝子の発現制御
奈良先端大学バイオサイエンス研究科 2007年4月4日

高田忍
シロイヌナズナ初期胚における二つのホメオボックス遺伝子の発現制御
大阪大学理学部 2007年4月2日

高田忍
植物の初期胚で細胞の運命が 決定されていく過程の解析
奈良先端大学バイオサイエンス研究科 2005年2月28日

Shinobu Takada
Arabidopsis TERMINAL FLOWER2 (TFL2) gene encodes an HP1/Swi6-like protein and negatively regulates FT expression.
Universität Tübingen (Germany). July 9 2002

Koji Goto and Shinobu Takada
Max-Planck-Institut (Köln, Germany).
July 3 2002

高田忍
植物の茎頂分裂組織形成
奈良先端大学バイオサイエンス研究科 Plant Meeting 2000年10月19日