高次脳機能学研究室

Laboratory for Advanced Brain Functions

教授
疋田 貴俊 (Takatoshi HIKIDA)
mail hikida @ protein.osaka-u.ac.jp
助教
小澤 貴明 (Takaaki OZAWA)
mail takaaki.ozawa @ protein.osaka-u.ac.jp
助教
マクファーソン トム (Tom MACPHERSON)
mail macpherson @ protein.osaka-u.ac.jp
研究分野

神経生物学

所属

蛋白質研究所

ロケーション

吹田地区

研究内容

私たちの研究室では、独自に開発した神経回路活動制御法や特定神経回路の神経活動の可視化により、認知学習行動や意思決定行動といった高次脳機能の神経基盤の解明に取り組んでいます。また、精神神経疾患モデルマウスを用いて、精神神経疾患の分子病態の解析を行っています。特に精神疾患発症に関わる遺伝–環境相互作用の分子機構の解明に取り組んでいます。臨床部門や製薬企業との連携により、精神疾患の創薬を目指すトランスレーショナルリサーチをすすめていきます。

高次脳機能の神経回路機構の解析

私たちはマウスにおいて大脳基底核神経回路の特定の神経伝達を制御する手法を開発し、認知学習行動において特定の神経回路がそれぞれ固有の役割を担っていることを示してきました。マウスの認知課題(図)などを用いて高次脳機能における神経回路の制御機構の解明を進めています。

精神神経疾患の分子病態の解析

多くの精神神経疾患で、その分子病態が明らかになっておらず、根本的な治療法の開発が遅れています。私たちは精神疾患患者でみられる遺伝子変異を導入したマウスを精神疾患モデル動物として、そのマウスでみられる異常を、行動、回路、分子の各階層で解析することによって、精神疾患の分子病態の解明を進めています。さらに社会環境などの要因を負荷することで、遺伝と環境の相互作用からみた発症のメカニズムに迫っています。

精神疾患のトランスレーショナルリサーチ

私たちはこれまでに臨床部門や製薬企業と連携して精神疾患のトランスレーショナルリサーチをすすめてきました。ひきつづき創薬を目指した研究を行います。

図0 マウスの認知学習課題

参考文献

Hikida et al. Nucleus accumbens pathways control cell-specific gene expression in the medial prefrontal cortex. Scientific Reports 10(1) , 1838 - (2020)

Macpherson & Hikida. Nucleus accumbens dopamine D1-receptor-expressing neurons control the acquisition of sign-tracking to conditioned cues in mice. Frontiers in Neuroscience 12 , 418 - (2018)

Macpherson et al. Nucleus accumbens dopamine D2-receptor expressing neurons control behavioral flexibility in a place discrimination task in the IntelliCage. Learn. Mem. 23 , 359 - 364 (2016)

Hikida et al. Pathway-specific modulation of nucleus accumbens in reward and aversive behavior via selective transmitter receptors. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 110 , 342 - 347 (2013)

Hikida et al. Distinct roles of synaptic transmission in direct and indirect striatal pathways to reward and aversive behavior. Neuron 66 , 896 - 907 (2010)

Hikida et al. Dominant-negative DISC1 transgenic mice display schizophrenia-associated phenotypes detected by measures translatable to humans. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 104 , 14501 - 14506 (2007)

連絡先

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-2
大阪大学 蛋白質研究所
TEL:06-6879-8621

https://sites.google.com/site/takatoshihikidalaboratory/home

https://sites.google.com/site/takatoshihikidalaboratory/home