超分子機能化学研究室

Laboratory of Functional Polymer Chemistry

教授
山口 浩靖 (Hiroyasu YAMAGUCHI)
mail hiroyasu @ chem.sci.osaka-u.ac.jp
研究分野

生命理学

所属

理学研究科

ロケーション

豊中地区

研究内容

生体系では様々な(分子内・分子間)相互作用を介して、高度かつ特異な機能を 発現しています。一方、人工系では生体系では見られないよ うな機能性分子も 開発されています。本研究室では、生体高分子(特にモノクローナル抗体)と人 工高分子/低分子との複合化により、それぞ れの長所を融合した優れた機能性材 料や、今までに無いような新機能を有する材料の創製を目指します。さらに、生 体分子の分子レベルにおけ る構造的エッセンスを抽出し、これを代替する分 子・高分子を設計・合成します。これらの分子を特異的に集積した材料を創製す ることによ り、新規機能発現を目指します。

機能化抗体の創製

モノクローナル抗体は人工ホスト分子よりも複雑で大きな化合物を極めて厳密に認識することができます。この基質に対する特異性と生体がもつ万全の防御システム(免疫システム)の多様性を活用して新しい特性を持つモノクローナル抗体を作製します。

生体分子と合成分子からなる機能化ハイブリッド材料の創製

生体ではタンパク質、核酸、多糖など、優れた特性を持つ分子が活躍しています。一方、人工系では生体にない元素や分子を利用した高機能材料が開発されています。もしもこれらの生体、人工系の各分子を融合することができれば、それぞれの材料では見られなかった機能を発現できるかも知れません。本研究では生体分子と人工分子を融合した新規ハイブリッド材料の開発を行います。

機能性触媒・エネルギー変換システムの開発

光合成システムのような優れた光エネルギー変換システムを手本として、人工系で光のエネルギーを化学エネルギーに変換できるシステムを設計します。生体系が不斉を見分けていることを利用して、人工系で利用されているシンプルな触媒分子に生体高分子をドッキングさせることにより、厳密な反応場を形成させ、優れた立体・基質特異性触媒を開発します。

参考文献

Matsumoto, T.; Yamaguchi, H.; Kamijo, K.; Akiyoshi, M.; Matsunaga, T.; Harada, A. Development and Characterization of a Monoclonal Antibody against Triacetone Triperoxide Bull. Chem. Soc. Jpn. 86 , 198 - 202 (2013)

Kobayashi, Y,: Takashima, Y.; Hashidzume, A.; Yamaguchi, H.; Harada, A. Reversible self-assembly of gels through metal-ligand interactions Scientific Reports 3 , (2013)

連絡先

〒560-0043 豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院理学研究科
TEL: 06-6850-5460
FAX: 06-6850-5457

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/yamaguchi/index.html

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/yamaguchi/index.html