生命誌学研究室

Laboratory of Biohistory

招聘教授
蘇 智慧 (Zhi-Hui SU)
mail su.zhihui @ brh.co.jp
招聘教授
橋本 主税 (Chikara HASHIMOTO)
mail hashimoto @ brh.co.jp
招聘准教授
小田 広樹 (Hiroki ODA)
mail hoda @ brh.co.jp
研究分野

動物発生進化学

所属

JT生命誌研究館

ロケーション

連携大学院

研究内容

ゲノムに書かれた生きものの歴史性・ 多様性・ 共 通性を読み解くことで、生きものの 姿(発生・進化・生態系など)を見る実験研究とその成果の表現の研究とを行なってい る。個別の遺伝子、個別の生物種にこだわらず、多様な生物を見ることにより、発生 における形づくりや進化の過程での種分化の基本が見えてくるのではないかと考えて いる。特徴として、研究の基本に生きものを愛する心を置き、その発信もしている。 生命誌学講座では、生物の系統・個体発生、および研究成果の表現とその発信に関す る以下の研究を行っている。

分子に基づく生物進化の研究

 さまざまな生物の遺伝子の比較解析を通じて、(i)生物多様性の分子機構、(ii)分子に基づく生物の系統進化、といった分子進化学の基本的問題の解明を目指している。

節足動物の系統進化および昆虫と植物との共生・共進化

 (i)遺伝子比較を通して、昆虫類を中心に節足動物全体の系統進化を解明する。(ii)イチジク属植物とイチジクコバチを材料として、昆虫と植物との共生・共進化および種分化のメカニズムを解明する。

細胞システムと発生メカニズムの進化

 ショウジョウバエやオオヒメグモなどを実験モデルとして用いて、多細胞動物の進化に重大な影響を及ぼした細胞システムや発生メカニズムの変化とその意義を実証的に解明する。

蝶の食性と進化

 食草選択は植物と昆虫の重要な相互作用で、その変化が種の多様化をもたらしている。モデルとしてアゲハ蝶による食草選択の分子機構を対象に、産卵誘導物質の受容に係わる遺伝子群を解析している。

両生類の原腸形成機構

 体軸や神経の誘導は原腸形成期に起こる。私たちはイモリとツメガエルの原腸形成過程を詳細に比較解析したところ、両者は決定的に異なることを見いだした。その違いを詳細に検討し脊椎動物における普遍性を見いだしたい。

表現を通して生きものを考える

 「生命誌」 の研究成果を刊行物、展示、映像などを通して発信、科学の新たな表現・研究に取り組んでいる。

図0 図1

参考文献

連絡先

〒569-1125 
大阪府高槻市紫町 1-1
JT生命誌研究館

TEL:072-681-9750 FAX:072-681-9757

http://www.brh.co.jp

http://www.brh.co.jp