動物形態学

Laboratory of Animal Morphology

教授
古屋 秀隆 (Hidetaka FURUYA)
mail hfuruya @ bio.sci.osaka-u.ac.jp
研究分野

動物発生進化学

所属

理学研究科

ロケーション

豊中地区

研究内容

生物が示す多様な形の意味に興味をもっています。 ニハイチュウ(二胚動物門)という�β榛挧ζ以�侶疎屬砲弔い董△修寮己�愿��胆を明ら�砲契睫世靴茲Δ箸靴討い泙后�

ニハイチュウの生物学(古屋秀隆)

ニハイチュウの体には他の動物にみられない特徴があります。体をつくる細胞は多い種でも40数個しかなく、体には消化管、神経、筋肉などの諸器官がみられない他、胚葉構造もみとめられない体制の単純な動物です。発見当初、その特異な体制から、単細胞動物(原生動物)と多細胞動物(後生動物)の中間に位置する原始的な多細胞動物と考えられ“中生動物”と名付けられました。その一方で、寄生による特殊化した後生動物とする意見もあり、�δ未陵�鬚鯑世襪泙任砲六蠅蠅泙擦鵑任靴拭�海瞭�類の腎嚢という微環境で、ニハイチュウの形態�匹里茲Δ棒�衫�辰燭里�∪限屐��検∪己�崛蠍澆隆愀犬篋醉僉▲殴離燹⊃焚修隆囘世�藾躪臈�妨Φ罎鮃圓辰討い泙后�泙織縫魯ぅ船絅Δ覆匹隆鸚乎遒寮験茲両譴箸靴討瞭�類に特��粉鏨厩渋い籠�類の繁�鑪�亡悗錣觀措舛凌焚修覆鼻�以�侶舛砲海世錣辰晋Φ罎鮃圓辰討い泙后�

図0 ヤマトニハイチュウと生活史

図1 DAPIで核染色を施したニハイチュウ.細胞数が少ないことがわかる.

参考文献

Furuya, H. Fourteen new species of dicyemid mesozoans from six Japanese cephalopods, with comments on host specificity. Species Diversity 4 , 257 - 319 (1999)

Furuya, H. and Tsuneki, K. Biology of dicyemid mesozoan. Zoological Science 20 , 519 - 532 (2003)

Ogino, K., Tsuneki, K., and Furuya H. Unique genome of dicyemid mesozoan: highly shortened spliceosomal introns in conservative exon/intron structure. Gene 449 , 70 - 76 (2010)

Lu T., M. Kanda, N. Satoh, H. Furuya The phylogenetic position of dicyemid mesozoans offers insights into spiralian evolution. Zoological Letters 3 , 6 - (2017)

Furuya, H. Eleven new species of dicyemid (Phylum Dicyemida) from Octopus longispadiceus and O. tenuicirus (Mollusca: Cephalopoda: Octopoda) in Japanese waters. Species Diversity 23 , 143 - 179 (2018)

連絡先

〒560-0043
大阪府豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院 理学研究科
TEL:06-6850-5817 FAX:06-6850-5817

http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/~hfuruya/japanese.html

http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/~hfuruya/japanese.html