超分子構造解析学研究室

Laboratory of Supramolecular Crystallography

教授
中川 敦史 (Atsushi NAKAGAWA)
mail atsushi [at] protein.osaka-u.ac.jp
准教授
鈴木 守 (Mamoru SUZUKI)
mail mamoru.suzuki [at] protein.osaka-u.ac.jp
准教授
山下 栄樹 (Eiki YAMASHITA)
mail eiki [at] protein.osaka-u.ac.jp
研究分野

蛋白質構造情報学

所属

蛋白質研究所

ロケーション

吹田地区

研究内容

 生物学的に重要なタンパク質や、複数のタンパク質/核酸コンポーネントが会合することによって働いている生体超分子複合体の機能を構造面から明らかにする研究を進めています。この目的のために、SPring-8の生体超分子構造解析ビームラインを使ったX線解析に関する新しい方法論の開発も行っています。また、ターゲットタンパク研究プログラムなどのプロジェクト研究も進めています。

生体超分子構造解析ビームライン (SPring-8 BL44XU)

 生体超分子複合体の結晶は,通常のタンパク質結晶に比べて、格子定数が大きく、また、回折強度が非常に弱いことが知られています。さらに、X線照射に対してダメージを受けやすいものが多いのも特徴です。こうした、生体超分子複合体の回折強度データを高精度に測定することを目的として、大型放射光施設SPring-8に専用ビームラインを設置し、管理・運営を行うとともに、新しいX線結晶構造解析法の開発を行っています。

生体超分子複合体の構造解析

 数多くのタンパク質が会合して機能を発揮する生体超分子複合体を通して、生命機能の理解に重要な分子間相互作用と分子認識機構の解明を目指した研究を進めています。  主な研究ターゲットとしては、分子量7500万のイネ萎縮ウイルス、90℃以上の高温条件下で安定な球状粒子を形成するPfV、緑脳菌の薬剤耐性に重要な働きを示すMexAB-OprM複合体などが挙げられます。

図0 SPring-8の生体超分子解析用ビームライン

図1 DNAメチルトランスフェラーゼ1の構造

参考文献

連絡先

〒567-0871
大阪府吹田市山田丘 3-2
大阪大学大学院 蛋白質研究所

TEL:06-6879-8635 FAX:06-6879-4313

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/supracryst/index.html

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/supracryst/index.html