田中博和 助教 HFSP CDA       Japanese / English

ニュース





田中博和助教

21-APR-2011

田中博和助教がキャリア・デベロップメント・アウォード(HFSP)を受賞しました




高等植物の細胞はオーキシンというホルモンを局所的に蓄積させて、種々の発生制御を行っています。オーキシンの局所的な蓄積には、オーキシン輸送蛋白質が細胞膜上で非対称に局在することが重要であると考えられています。 植物細胞の非対称性の制御機構に関する田中博和博士(生物科学専攻 助教)のこれまでの研究成果と今後の研究計画に対して、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)よりキャリア・デベロップメント・アウォードが授与されました。なお2011年度における同賞の受賞者一覧は, HFSPのホームページを参照してください。

ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)は,1987年のヴェネチア・サミットにおいて,中曽根首相(当時)より提唱した国際プロジェクトであり,生体が持つ精妙かつ複雑なメカニズムの解明を中心とする基礎研究を国際的に共同して推進し,その成果を広く人類全体の利益に供することを目的としています。


生物科学専攻の新着情報のページに戻る