新着情報リスト

2012年度のM1中間報告会を開催します。 9月29日(土) 10:00〜15:50

M1研究中間報告会プログラム( PDF )

生物科学専攻修士1年の皆様
cc: 全教員およびM1以外の院生の皆様

9月29日(土)に開催されるM1研究中間報告会のプログラム(最終版)をお届けします。
自分が発表する会場、開始時間を確認してください。発表時間は10分、質問時間とあわせて持ち時間は15分です。

本報告会では、自分がこれから2年間どのような研究に取り組もうとしているのかを解り易く説明してください。実験結果を羅列的に紹介することよりも、研究の背景(これまで何がどこまでわかっていて、何がわかっていないのか)、研究の目的とその意義(どのような問題設定を行い、何を明らかにしようとしているのか)、研究の方法・手段(どのようにしてその目標を達成するのか)の説明に重点をおいて発表してください。

すでにお知らせしてありますように、この中間報告会は半期セミナーの一部として位置づけられており、M1の皆さんは自分の発表だけでなく、開始から終了まで報告会に参加し、積極的に討論に参加することが求められています。また、できるだけ多くの発表者に対してコメントをフィードバックする(コメント用紙に自分のコメントや感想を書く)ように努力してください。

以下、中間報告会に参加するにあたっての連絡事項を箇条書きにしましたので、確認してください。

1.会場には遅くとも開始10分前に入るようにしてください。
2.会場入り口付近に、名前が書かれた封筒がおかれていますので、それを受け取ってください。
3.封筒の中には、コメント用メモ用紙が10枚はいっています。各発表者に対するコメントはこのメモ用紙に記載し、封筒と一緒に「コメント回収ボックス」に返却してください。できるだけ多くの発表に対してコメントを書いてください。自分ががんばって多くコメントを書けば、それだけ自分の発表に対しても多くのコメントが戻ってくるはずです。午前の部で2名、午後の部で2名、合計4名分のコメントを書くことを今回はMUSTとします。できるだけ4枚以上書いてください。
4.留学生が理解できるよう、スライドは英語で作成してください。必要に応じて日本語の注釈をつけても結構です。
5.発表には自分のパソコンを持ち込んでください。会場にはスイッチャーを用意します。スイッチャーにはパソコンを3台まで接続できます。休憩時間のあいだに最初の3名の発表者は自分のパソコンをスイッチャーにつないでください。発表終了後は、直ちにパソコンをスイッチャーからはずし、次の発表者がつなげるようにしてください。スイッチャーの切り替えは自分で行ってください。
6.【重要】パソコンをスイッチャーにつなぐとき、以下のことを必ず確認してください。
  *スリープモードが解除してあること(発表待ちの間にスリープモードに入らないよう、電源設定がされていること)
  *パワーポイントのスライドショーが立ち上がっていること。
7.次演者席を演台の横に用意します。次演者はそこに座って、自分のパソコンがすぐに発表できる態勢になっていることを確認してください。

報告会終了後に懇親会を開催します。
懇親会では飲み物と簡単なつまみを用意します。発表直後の質問時間では聞けなかったことや伝えられなかったことをこの懇親会で聞いて(伝えて)ください。今回は生物科学専攻の全教員が参加することになっています。これまで話をする機会がなかった教員とも話ができるチャンスです。
なお、懇親会費(教員1000円、学生 無料 )を当日会場で集めますので、よろしくお願いします。

では、よい発表を聞かせていただけることを楽しみにしています。

関口清俊(生物科学専攻・教務副主任・M1研究中間発表会担当)


Dear First-year students in SISC Master's program,

We are sending you the program for midterm research progress meeting which is going to be held on Saturday, September 29th. Please see the attached document to check the room and time you are assigned. You have 15min, 10min. for the presentation and 5min. for Q&A session. For this presentation, please make sure to explain clearly how the research will be carried out in two years. You should rather state the sufficient background (what are the existing knowledge and what needs to be clarified), specific research objectives (what problems have arisen and what will be investigated), and research method (how you plan or what is used to meet your research objectives) than state the experimental results.

As we already informed you, this is a part of the course, "Semestral Seminars", and students in M1 grade are required to attend it from the beginning to the end and participate the Q&A session. In addition, you also are expected to give feedbacks by writing performance review memos to other students.
We have also attached the instructions for participating this meeting. Please read carefully before you attend

We look forward to hearing your presentation soon.



ッ Please come to the room at least 10min before the meeting starts.
ッ Pleases pick up your named envelope at the entrance of the room.
10 memo papers are enclosed. Please write some comments for other students' presentation and put them in to the box when you leave the room. You are required to write at least 4 performance review memos. (2 for morning session, 2 for afternoon session)
ッ Please bring your own PC because no PCs will be provided.
We have a presentation switcher at the room, and it connects 3 PCs at a time. During the intermission, first 3 speakers need to connect their PC to the switcher for preparing before the presentation. After the presentation, please remove your PC from switcher immediately in order to give the next speaker time to set up for their presentation.
<Important!>  
When you connect your computer to switcher please make sure:
- to set your slideshow ready.
- to adjust your PC power setting to prevent it from automatically sleeping while waiting for your turn.

ッ Please be seated on the waiting chair when you wait your turn.
We prepare a chair next to speech table. The next speaker should be seated and be ready for the presentation.


*Post-meeting Party
Post-meeting Party after The midterm research progress presentation is held. Drinks and snacks will be provided. All faculty members are going to be participating in the party; therefore, it's a good opportunity to talk to members whom you have never talked to before. If you have something you couldn't ask at the Q&A session, it's also a good chance to ask questions or share your ideas.

Best regards,

Prof. Kiyotoshi, SEKIGUCHI (Department of Biological Sciences / Assistant chief for academic affairs / responsible for mid-term progress report of Ph.D. students)