新着情報リスト

「植物科学をもっと楽しもう2011 -花と生殖-」 開催のお知らせ

日本植物生理学会では、一般市民の方に植物科学の面白さを知って頂くために、2003年より隔年で市民講座を開催してきました。本年度は、文部科学省科研費成果公開促進費の支援を受け、市民講座「植物科学をもっと楽しもう2011 -花と生殖-」を開催します。講演と体験実験の二部構成で、11月6日(日曜日)に大阪大学豊中キャンパスで開催し、参加者の皆様にはプレゼントも用意しています。多数のご参加を歓迎いたします。登録はwebページで行なってください。

平成23年11月6日(日)13:00-17:30 
(I) 講演会 (13:00-15:00) 大阪大学基礎工学国際棟シグマホールにて
 1.植物は、自分の花粉を見分けることができる?!
   高山誠司(奈良先端科学技術大学院大学)
 2.花の色模様はどのようにしてできる?
   星野敦(基礎生物学研究所)
 3.花は、がく、花びら、おしべ、めしべをどのように作り分ける?
   柿本辰男(大阪大学理学研究科 )
 4. クイズタイム
   講演会に関連したクイズで、優秀者には景品を差し上げます。
(II) 実験および発表会 (15:00-17:30) 大阪大学理学部本館(B棟2階)にて
  1 班 花粉管伸長実験
  2 班 花色素の分離、花色素の吸収スペクトルの実験 
  3 班 花器官の突然変異体の観察、植物の走査電子顕微鏡観察 
 実験指導:高山誠司、星野敦、柿本辰男、高木慎吾(大阪大学)、興津奈央子(サントリー)、他

日時:平成23年11月6日 (日) 13:00から 17:30 まで
主催:日本植物生理学会  協賛:大阪大学理学研究科生物科学専攻
場所:大阪大学基礎工学国際棟(講演)、理学部B棟2階(実験)
参加登録:必要(Web) URL:http://www.nacos.com/jspp/shimin_koza/shimin_koza.html
連絡先:日本植物生理学会 jspp@nacos.com