新着情報リスト

新着論文

シロイヌナズナの葉の表皮の細胞密度は分泌ペプチドであるEPIDERMAL PATTERNING FACTOR 2により自己制御されている。

Epidermal cell density is auto-regulated via a secretory peptide, EPIDERMAL PATTERNING FACTOR 2 in Arabidopsis leaves.

Hara K, Yokoo T, Kajita R, Onishi T, Yahata S, Peterson KM,Torii K, and Kakimoto, T.
Plant and Cell Physiology (2009) 50:1019-1031 (Editor's Choice Paperに選ばれました)。

要約
多細胞生物では、組織の細胞の数は厳密に制御されています。私達は植物の表皮細胞の密度を自己調節する細胞間シグナル分子を見つけました。成熟した葉の表皮は、気孔を構成する孔辺細胞と、一般の表皮細胞(ペーブメント細胞)から構成されます。葉の表皮の発生について説明しましょう。葉の原基において原表皮細胞の一部がメリステモイド母細胞(MMC)になります。MMCは不等分裂をして、小さい方は三角形の細胞がメリステモイドとなります。大きい方(姉妹細胞)は再び不等分裂するか、あるいはペーブメント細胞になります。つまり、MMCに選ばれる細胞の数と、姉妹細胞の不等分裂の回数が表皮の密度の決定因子となるわけです。私達が見つけた分泌ペプチド(EPF2)は、MMC、メリステモイド、姉妹細胞で作られ、遅れて作られようとするMMCの形成を阻害します。EPF2は表皮細胞形成の負のフィードバック因子となり、表皮細胞の密度を決定しているのです。MMCの受容体候補や下流因子との関係も遺伝学的に調べました。


論文へのリンク
http://pcp.oxfordjournals.org/cgi/reprint/50/6/1019

柿本研究室ホームページ
http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/dbs01/re-paper-temp.php?id=2