新着情報リスト

生物科学科に30名の生命理学コースが新設されました!



生物科学科は定員を55名に増やしました!
生物科学は、21世紀の学問といわれ、爆発的に発展しています。ヒトゲノム計画に代表される巨大プロジェクトが推進され、今や1000種を越える生物のゲノム、設計図が明らかにされました。更にナノサイエンスやナノテクノロジーの超微細技術を応用した様々な研究がすすめられており、生物科学は大きく変わろうとしています。例えば、膨大なゲノム情報をもとにして、いままで形態や化石から推定されていた生物の進化の歴史系統樹が書き換えられようとしています。また生物の基本単位である細胞については細胞内の1分子の働きが調べられ、また生物の機能を担う蛋白質に関しては、いまや原子レベルでの研究が行われています。この様な多様な発展に対応するため、生物科学科は募集人数を25名から55名と大幅に増やしました。この増員には大きな目的が2つあります。一つは、見通すことが困難となっている生物科学全体を幅広く教育することです。これには従来の生物科学科で行っていた教育をさらに深化させた生物科学コース(25名)が対応します。もう一つは、これからの生物科学をさらに発展させるために、数学、物理学、化学との境界領域を重点的に教育することです。これには新しい生命理学コース(30名)が対応します。境界領域が重要であることは生物科学の発展の歴史をみれば当然の事なのですが、これからは今まで以上にこの領域の必要性があると考えられます。生物科学科で学ぶことにより、生物学研究者や生命理学研究者はもとより、医薬や食品などの開発に関わる研究者・技術者、生物学教員、等への様々な道が拓かれることになります。生物の生きる仕組みに、なぜという素朴な疑問を持つ人から、生物学を応用して社会に役立つことを開発したい人まで、卒業後の進路として発展する生物学や生命理学の様々な分野で活躍したいと考える人が勉学するのに、この拡充された生物科学科は最も適したところです。

生物科学コース 
生物の進化、発生、などの生物学や、生命の基本的な単位である細胞の仕組みを学ぶ細胞生物学、生物を構成する分子であるタンパク質やDNAの構造や働きを学ぶ生化学、分子生物学を学ぶことができます。また、研究対象も微生物、植物、動物やそれぞれの細胞など幅広く学ぶことができます。こうした生物学の多くは実験科学です。そのため、このコースでは学部低学年から高学年に至るまで多くの実験コースが組まれています。また、現在の生物科学は化学や物理学の知識が広く必要であり、低学年では理学部共通の数学から化学、物理学を勉強します。このコースで目指すのは、現在の生物学を継承し発展させることができる人材の育成です。

生命理学コース 
先端的生物科学では、生きる仕組みを化学、物理学、あるいは数学の知識に基づいて、生体分子のレベルで理解する必要が日々に増しています。この様に発展しつつある生命科学の分野は、複合あるいは融合領域であり、「生命理学」と呼ぶべき新しい学問分野です。生命理学コースでは、この新しい生命理学の研究者や、生命現象を理解する化学、物理学、あるいは数学の研究者の育成、また複合領域の先端知識を応用した高度な技術者などの養成を目指しています。このコースでは、物理学、化学の基礎知識が不可欠です。したがって、生物科学コースにくらべて、それら基礎2科目を学習することが必須であり、それらの科目がより多く設定されています。入学後の学習カリキュラムに対応するために、入試も物理、および化学を必須とします。このコースで目指すのは、新しい時代のニーズに応えられる先進的人材の育成です。