沿革

生物学教室設立から現在まで

大阪大学における生命科学の教育・研究の歴史は、理学部生物学教室が設立された事に始まります。新制大学発足を機に、化学や物理学との境界領域に発展しつつあった新しい生物科学の教育と研究の場を作る事を目的として、生物学教室は設立されました。その後の発展の歴史を年表で示します。


阪大生物第一講座
神谷研究室

当時中之島にあった理学部
屋上での写真
(写真提供:田澤 仁)
1949年 5月 理学部生物学教室の設立
1953年 大学院に生物化学、生理学専攻が設立
1956年 蛋白質研究所が理学部付属施設としてスタート
1958年 蛋白質研究所が全国共同利用研究機関として発足。
多くの研究グループが生物科学専攻の基幹講座として参加
1996年 理学研究科生物科学専攻が発足大学院重点化を機に、生物化学と生理学専攻を統合し、旧理学部生物学科教官(旧教養部生物学教室教官を含む)と、付置研究所教官とからなる新しい専攻として再編成。また、新たに連携併任講座を設置して、民間研究所や国立研究機関の協力を得ることで、地域に根ざした大学院として活動。
2002年 21世紀COEプログラム「細胞超分子装置の作動原理の解明と再構成」(蛋白質研究所との共同提案)が採択。蛋白質研究所の全研究グループが拠点専攻である生物科学専攻に参加。
2006年 生物科学科に生物科学と生命理学の2コースを創設し、定員を55名に増加。
2012年 生物科学専攻にAコース(生命理学)とBコース(生物科学)を創設。

現在の専攻は、大阪大学豊中キャンパス、吹田キャンパス、連携併任講座を含め37研究グループからなる、ネットワーク体制を取る研究教育機関として現代生物学がかかえている種々の問題に取り組み、魅力的でかつ多彩な先端的研究を行っています。