大学院入試

 ・アドミッションポリシー
 ・入試制度
 ・入試日程
 ・出願手続き
 ・入試問題
 ・パンフレット

生物科学専攻の2コースと入試試験
生物科学専攻博士前期課程(修士課程)の新入生は入学後にAコース(生命理学コース)とBコース(生物科学コース)のいずれかに振り分けられます。両コースは授業選択のしかたにおいて差異がありますが、研究室配属に関しては4つのAコース専任研究室(化学、高分子科学系研究室)があるのを除けば、残りの研究室が両コースを担当しています(募集要項の大阪大学大学院理学研究科概要を参照のこと)。AコースとBコースのいずれに入学することになるのかは以下のように決まります。特別入試合格者については研究室との話し合いによります。一方、一般入試の合格者については専門筆記試験において全て生物学の問題を選択した場合はBコース、化学や数学や物理からも選択した場合はAコースとなります。具体的には以下を参照して下さい。 専門問題については、Aコース、Bコースとも合計3問に解答してもらいます。Aコースは、必修問題(生物)1問と、化学、数学、物理から1問を解答しなくてはなりません。これに加え、生物、化学、数学、物理の中から1問を選択して解答します。Bコースは、必修問題(生物)1問と、生物の問題から2問を選択して解答しなくてはなりません。

過去問

※英語試験の引用部分は著作権保護の目的で黒塗りしてあります。

平成30年度 入試問題