教育と支援

研究生活支援

充実した研究生活サポート

生物科学専攻では意欲・能力のある学生が経済的理由で学業を妨げられないよう、さまざまな研究生活サポート制度を設けています。とくにTAティーチング・アシスタント制度、RAリサーチ・アシスタント制度は申請すればほぼ確実に採用されるもので、ほとんど全ての大学院生が利用する研究生活サポート制度です。

TAティーチング・アシスタント制度

学部の授業や実習のアシスタントです。教官と一緒に講義室・実習室におもむいて、学部学生のための教育が行き届いたものになる手伝いをします。TAをすることで大学院生は将来教育する側になったときの貴重な疑似体験をします。博士前期課程から給料が支給されます。

RAリサーチ・アシスタント制度

指導教官の研究を教育と支援することで給料が支給されます。博士後期課程の学生のほぼ100%がこのRA制度を利用しています。

奨学金制度

日本学生支援機構日本学術振興会などの奨学金制度が利用出来ます。申請にあたっては大学側から多くの助けが得られます。