研究概要

生体内ゆらぎの理解を求めて

本研究グループでは、生体分子から構成された細胞内情報処理システムを理論的手法、実験的手法により解析し、その情報処理の仕組みを学ぶことを目的としています。特にシグナル伝達に伴う「ノイズ」がシステムの機能発現に利用される可能性について追求しています。

NEWS&TOPICS

2016年4月9日 最近の研究成果ページを更新しました。
2016年4月7日 論文リストを更新しました。
2016年4月4日 メンバーページを更新しました。
2015年7月8日 論文リストを更新しました。
2015年4月7日 メンバーページを更新しました。
2014年12月15日 論文リストを更新しました。
2014年9月13日 論文リストを更新しました。
2014年4月9日 最近の研究成果ページを更新しました。
2014年4月1日 メンバーページを更新しました。
2014年3月25日 論文リストを更新しました。
2014年2月5日 論文リストを更新しました。
2013年12月16日 論文リストを更新しました。
2013年11月6日 論文リストを更新しました。
2013年10月8日 メンバーページを更新しました。
2013年9月23日 論文リストを更新しました。
2013年4月17日 メンバーページを更新しました。
2013年1月18日 論文リストを更新しました。
2012年9月14日 論文リストを更新しました。
2012年7月31日 論文リストを更新しました。
2012年5月1日 論文リストを更新しました。
2012年4月2日 メンバーページを更新しました。
2011年5月10日 メンバーページを更新しました。
2011年4月21日 メンバーページを更新しました。
2011年4月1日 大学院生を募集しております。詳しくは大阪大学大学院生命機能研究科の案内をご覧ください。
2011年4月1日 生命システム研究センター(QBiC)がスタートしました。
2011年3月14日 メンバーページを更新しました。
2011年1月12日 博士研究員、テクニカルスタッフ募集要項を更新しました。
2010年8月18日  HPを更新しました。
2010年7月 Migration in cue-less cells
Nature Chemical Biology誌8月号のResearch HighlightsでArai et al., PNAS (2010)が紹介されました。
2010年7月20日 Faculty of 1000 Biology
Arai et al., PNAS (2010)がFaculty of 1000 Biologyに選ばれました。
2010年7月13日 Organized Randomness
Science Signaling誌のEDITOR'S CHOICEに選ばれました。
John F. Foley, Sci. Signal., 
Vol. 3, Issue 130, p. ec210 (2010)
2010年6月15日  プレス発表しました。「細胞が自発的にゆらぐ仕組みを解明」
>詳しくはこちら。